ほくろができる原因

Posted by: admin

7月 14th, 2015 >> 未分類

ほくろには、生まれつきできているものと、大人になってからできるほくろがあります。生まれつきで
きるものは、遺伝子によるもので、思春期までにできるものであれば、先天的なもの、それ以降にでき
るものは、摩擦や紫外線などの外部刺激によってできる、後天的なものなのです。よって、大人にな
ってからできるほくろは、後天的なもの。紫外線を浴びることによって、人間の細胞がそれを敵とみ
なし、防御します。そうすると、メラニン色素をどんどん発生させます。それが日焼けしたり、しみにな
ったりする原因になります。さらに長時間紫外線を浴びつづけることによって、メラノサイトと呼ばれ
る細胞が活性化し、異常事態を招きます。それがほくろとなるのです。ほくろができてほしくなければ
、紫外線対策は必須です。ほくろの一番の原因となるのは、紫外線ですが、そのほかにも原因はあり
ます。たとえば、下着を締め付けて着用していたり、皮膚が頻繁にこすれたり、仕事などで、いつも同
じ場所に熱や重さなどの負担をかけていることでも、ほくろができる原因になってしまいます。たと
えば、四六時中、体型補正のような肌をぎゅっと締め付けるような下着をつけていたり、肌に刺激と
なる素材の洋服を着ていれば、酷くこすれる原因にもなります。ほくろを防ぐには、普段の生活から
気をつけなければなりません。

This entry was posted on 火曜日, 7月 14th, 2015 at 11:04 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>