ほくろとがんの関係とは

Posted by: admin

8月 4th, 2015 >> 未分類

新しく、体にほくろができると、気になる人がほとんどだと思いますが、それが、命にかかわるものだ
というところまで、考える人はどのくらいいるでしょうか。できる場所によっては、ほくろができてい
ることに気がつかないで、しばらく経ってから気づく方もいるでしょう。実は、ほくろの中には、悪性
腫瘍になるのも含まれています。人体の健康に害のないほくろは良性腫瘍となりますが、中には、メ
ラノーマという悪性腫瘍ということも。。これに罹ると、大変厄介で、がんの中でも死亡率は高い悪性
腫瘍になるものもあるのです。その悪性腫瘍は、一見すると普通のほくろのように見えるのですが、
ただのほくろだろう・・と思って放っておくと、悪性腫瘍からがんに進行し、最悪死に至るケースもあり
ます。ほくろが急に増えた、大きくなった、ほくろがいびつだな形をしている。という時には、悪性腫
瘍の可能性を疑ってみてください。全身の中でも良くできるのは、足の裏に多く現れるようです。とて
も進行が早いので、形や大きさに急な変化があれば、すぐに病院に受診してください。病院で検査を
受けることによって、判断がつきます。そして、美容目的でほくろを除去するばあいの費用は実費負
担となりますが、病気が原因で除去する場合の費用は、健康保険が適用となりますので、費用の負
担は軽減されます。

This entry was posted on 火曜日, 8月 4th, 2015 at 11:04 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>